2020年06月30日

≪梅雨の頃≫〜花姿にウットリして・・〜

IMG_0213.JPG
             ≪すみだの花火≫〜この紫陽花のイメージを作品に生かせれば・・〜

IMG_0211.JPG



 連日の☂〜雨音が激しく屋根をたたく・・。

 今の時期は、押し花にとって一番厄介な時で、

 押し花は、綺麗である事は言うまでもなく、

 それを、大切に乾燥度を保って管理して行かねば・・。

 今、この時にしか?〜そんな思いを目いっぱい集中して〜、

    〜梅雨空を吹っ飛ばすくらいに美しい・・〜



IMG_0208.JPG
         
posted by 小林美代子 at 19:16| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

〜気分転換〜≪デザートづくり≫〜

IMG_0192.JPG
      〜それぞれの、パッキンの箱から取り出して皿に盛る〜・・誰かに、試食を・・と思いながら、ただ眺める・・。


 梅雨の頃・・気分一新、となると・・、

 思いつくものといえば、これかな?

 見た目も涼しそうなデザートを・・。

 早速、材料を・・いただき物の貴重な天草が、

 鍋の中でゆらゆらと揺れている・・。

 今は、諸事情で会えない大切な人の顔が浮かんできた(^^♪



IMG_0174.JPG
    生きていく中で、〜≪とても大切で掛け替えのない方≫〜から送っていただいた・・貴重な海藻〜≪天草≫〜

IMG_0173.JPG
                  〜直ぐ右側では小豆を、圧力鍋で、・・同時進行で煮る〜

posted by 小林美代子 at 17:06| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予感〜負の連鎖〜

IMG_0120.JPG
      〜この一場面だけを見ると、切なくなってくることもあるけれど、・・この十倍は、辺りにいるのだから・・。


 このところ、毎日といっていいくらいに、

 集団で、やって来るようになっている・・。

 何かいいものは無いか?それぞれが必至で、

 走り回って、何かを探しているかのようにみえる。

 暴れまくったあげくに、又どこかへ去っていく。

 この繰り返しが、いつまで続くのやら?

 自然の中で、不自然と向き合っているのかも?



IMG_0181.JPG
                〜余計な出費にちょっぴり悲痛な思いが募るこの頃・・。〜  

posted by 小林美代子 at 16:22| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

想像〜創造へ・・。

IMG_9998.JPG

IMG_0083.JPG



 街なかより、ちょっと遅めに咲き出した我が家の紫陽花。

 中でも、〜≪すみだの花火≫〜が、小ぶりながら沢山の花をつけた。

 この花のネーミングに想いを馳せながら、乾燥マットへ・・。

 〜うん、うん、〜なるほど、なるほど、〜と、勝手に想像の世界へ。

 夜空に打ち上げられて弾けと飛ぶ、夏の風物詩〜🎆!花火の饗宴!〜🎆

 そういえば、未だ、〜!キャンバス上では打ち上げてなかったかも?!〜。



IMG_0130.JPG
                  〜乾燥マットで4,5、日で、こんなに綺麗に仕上がる・・。〜


posted by 小林美代子 at 17:01| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

〜全てをあの雲に託して〜≪前進するために≫

IMG_9946.JPG
                    〜早朝5時に、浮かんだながれる雲〜


 朝一番に、空を見上げた〜屋根の上を勢いよく雲が・・〜。

 直近の自分を重ねた・・〜❕今の気持ちをぜーんぶ持って行って❕〜。

 先日(月曜)に、出先でちょっとしたアクシデントに見舞われた。

 その事が未だ少し心の中で消化しきれないでいたのかも?

 納得いかない間違いを許す事にしょう・・あの雲に託して・・。

 そう思った瞬間から、気持ちが軽くなって明るい兆しが見えて来た。



IMG_9977.JPG
              〜流れていく雲を追い撮る・・雲の形も空の色も少し濃く写って・・〜
posted by 小林美代子 at 15:13| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

〜マルチな生活〜こんな事も・・。

IMG_9777.JPG



 庭の剪定作業も曲がりなりにもクリアーに近づき、

 残すは、外側の垣根のの刈り込み作業に取り掛かる事に・・。

 おもむろに、の密集している槙の間に刈り込みばさみを入れ、

 徐々に刈進めていく・・この時のちょっとした緊張感がたまらない。

 全体に真っすぐなるように(凸凹にならないように)・・。

 いつの間にか、庭師の気分になってしまっていたようだ。



IMG_9832.JPG

posted by 小林美代子 at 12:48| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする