2019年06月28日

〜道の途中で〜≪思いのままに≫〜

IMG_0015.JPG
                〜≪雑草≫〜も、ひとくちでは、片づけられないくらいに面白い〜。


 歩く道の途中で、何回も足が止まる。

 何か?面白い素材はないかな?長年の癖になっている。

 !おや!なにこれ!〜こんなところから?

 〜≪小判草≫〜が、アスファルトの隙間からニョキ,と・・。

 同じものでも、時の経過でこんな?・・これ、正に小判色?

 尽きない想像が創造へと膨らんで(キャンバス)へと広がる。

 側道沿いには、〜≪ヒメジオン≫〜白く帯状に続いている。



IMG_0010.JPG

posted by 小林美代子 at 11:38| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

〜草刈りの前に〜≪取りあえず?≫〜

IMG_0101.JPG



 先日、道の駅(老の坂峠)で〜小判草が、一握りの束が380円で・・。

 え、え、〜こんなものが売られてる?〜なんて思ったけど、

 人によっては、〜!珍しいものみつけた!〜と、なるのかも?

 一言で、〜≪雑草≫〜と、片づけられないくらいに存在感が、そこに・・。

 今朝も草刈りの前に〜小判草、ドクダミ、クローバー、オオバコ、採集する。

 周囲至る所に、雑草がいっぱい〜一つ、一つ、それぞれに、名前も付けらて・・。



IMG_0008.JPG
             根っこも一緒に押し花にする・・〜自然の生命力が表現よりリアルに〜  

posted by 小林美代子 at 13:52| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜夢(希望)〜への関門

IMG_0009.JPG
  24日月曜日の昼下がり、〜駅前には修学旅行生等で賑やかなのに、そこだけはひっそりと、誰一人いなかった。


 
 バス、電車、〜乗り継ぎ、病院(身体チエック)に・・。

 前へ進むための、〜ちょっとした関門?〜

 身体のどの部分でも、パーフエクトで維持する事は中々難しい。

 いずれにしても、明るく、元気に、しているのが何よりの妙薬?

 帰路の途中、久しぶりに京都へ・・グランヴィアホテルの端まで歩き、

 透明なドアーの外は京都劇場の赤い絨毯の階段と、エスカレーターが目に前に。

 あえて、誰もいなかった赤い絨毯に惹かれて、〜膝の負担もなんのその〜。

 おぼつかない足取りで、一歩ずつ踏みしめて〜転ばないように〜。

 振り返り見上げる・・〜幾つになっても自由奔放なのかな?・・(^_-)-☆。
 
posted by 小林美代子 at 06:26| Comment(0) | 押し花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする